アーユルヴェーダとは vol.1









 ayur vedaとは

仏教よりも古く5000年以上の歴史を持つ世界最古のインド、スリランカの伝統医学でサンスクリット語でAyur(生命、寿命、正気)、Veda(科学、知識、哲学)から来ており、”生命の科学” という実践的な生活健康法として受け継がれてきました。 西洋医学のように現時点の病気の症状に合わせた薬を処方される対処療法は症状を抑える効果がすぐに出るので緊急の場合などは利便性もありますが 根本的な症状を引き起こす原因を治すことは出来ません アーユルヴェーダなどの東洋医学は目に見えない ひとりひとりの健康状態、精神状態を探り”未病”の段階からその人”全体”をケアしていく予防医学の側面を大切にしている 常に健康で、長寿や若さを保つことを目的とした予防医学です。

体の変化や兆候に気づき、症状が深刻になって病気が出る前に見つけることで 体への負担が少なくなって来ます また予防医学の観点から毒素排出効果と若返り効果に優れたケア方法を持ち合わせ食事のあり方(医食同源)や、日々の習慣といったライフスタイルに関わるものから生命そのものまでを科学する奥深い医学です

アーユルヴェーダは個人を含めた宇宙全体をも含めて生命を包括的に見る科学です。つまりは ”宇宙の法則、自然の法則を知ること”でもあります。

未病の状態を引き起こさないようにどのように過ごせばいいのか?? 健康状態の責任は自分にあり、そのあり方を見ていく必要があります

アーユルヴェーダは医学の原点でもあり、初めて帝王切開したのもアーユルヴェーダの外科だといわれ そこから西洋医学へ発展したともいわれています

インドでは西洋医学的な病院もありますがアーユルヴェーダの病院が沢山あり、 8つの部門から成り立っています

*内科 *外科 *小児科 *耳鼻咽喉科、眼科(鎖骨より上部) *精神科 *毒物科 *不老長寿科 *強精科

があり、長年に渡り研究され発展し体系的に基づいています 個々にあった治療法を用いてケアしていきます

3回の閲覧
  • Grey Tumblr Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Twitter Icon

​© 2016 YOGA  by Gypsea yogis.